未来に風俗はあるのか

やっぱりマシュマロかな

マシュマロボディの風俗嬢は、それだけでも存在価値があります。顔とか中身とかじゃないんです。色白でグラマラスなボディをしているだけで、自分はついそんな風俗嬢を指名したいなって気持ちになるんです。前回のSちゃんもかなりのマシュマロボディでしたね。マシュマロボディという響きも何となくエロくて良いじゃないですか(笑)それに彼女、マシュマロボディだけが魅力ではありませんでした。あの笑顔…あれは小悪魔的なものもありましたね。小悪魔なマシュマロボディとか、最高のステータスと言っても良いんじゃないでしょうか(笑)そんな彼女との時間は、自分でも良く覚えていないんです。と言うのも、それだけ無我夢中になったってことなので、満足感以外のことは覚えていないんですけど、ある意味それこそが理想に近いってことなんじゃないかなって気持ちにもなりましたね。それくらい楽しめたってことが言えるんです。間違いではないってことですよ。

モチベーションの問題はあります

毎日のように風俗のことばかりを考えている訳じゃないんです。そこはやっぱり男としてのモチベーションによって左右されますよね。だからどういった時に急に風俗気分になるのかは、自分でもよく分からないんですよ。例えばですけど、クライアントに行ったら受付嬢が信じられないくらい美人。これはまぁテンションが高くなるパターンですよね(笑)それでつい性欲が高まるので、この気持ちを抑えるには風俗でも…なんて時もありますよ。後はやっぱりタイミングとか環境ですね。思いの外残業が早く終わった給料日とかは、もはや風俗に行けって言う神のお告げなんじゃないかなって思うレベルですからね(笑)どれだけモチベーションを高めたところで、お金や時間がない時には無理な相談になってしまうので、モチベーションを高めても仕方がないって自分でも思うんですけど、遊べる時であればモチベーションを高めた分、その後に良いことが待っているってことじゃないですか。